症例報告
 
昭和57年3月に装着したブリッジが約30数年後の今も十分に機能しています。
患者さんの年齢は、現在73歳です。
プラークコントロールと定期的なメンテナンスが大切です。


咬合側面
201307171537064624.jpg

口蓋側面
201307171536534773.jpg

頬側面
201307171537003384.jpg